あきらめないで!湿気ったレジン作品が復活するたった一つの方法

あなたのレジン作品、大丈夫?

お気に入りのレジュフラワーアクセサリーや、大切なレジュフラワー作品が
柔らかくなったり、透明になったりしていませんか?

その原因は、湿気

日本は、梅雨時期から夏にかけて湿度の高い状態が続きます。

すると、レジンでコーティングされたお花が湿気を吸って
見た目や感触に変化が現れできます。

そうならないように、資材だけでなく、
作品の保管にも湿度対策をしましょう。

 

湿気を吸ってしまったレジュフラワーアクセサリーは…

ぷよぷよになった作品や、透明になったレジュフラワーアクセサリー

もう、さようなら…

いいえ、まだあきらめないでください!

こんな方法で、よみがえるかもしれませんよ。

 

湿気からの復活方法

①湿気を吸った作品を通気性の良い布で包む

②ドライフラワー用のシリカゲルの中に包んだ作品を埋める

すっぽり見えなくなるくらいに埋め込みましょう。

➂数日間放置。
私は1週間そのままにしました。

④掘りおこす

 

包んであった布をはずします。

⑤作品についたシリカゲルをはらう

アルコールを含ませた綿棒を使って、シリカゲルを取り除きます。

 

さあ、劇的な変化をご覧ください。

5月につくったジニアのピアス。
透明になってしまいました。

     ↓↓↓↓↓↓↓↓

透明感がなくなり、真っ白に戻りました。

 

3月につくったバラ1輪のアクセサリー
花びらの先が透明になって、少し柔らかくなってしまいました。

↓↓↓↓↓↓↓↓

真っ白に復活!硬さも、カチコチに。

 

3月につくったバラ1輪のアクセサリー
ぷよぷよに、なってしまいました。

IMG_6565

     ↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_6938

硬さが戻ってきました!

 

復活をさせる時の注意点

湿気を吸ってしまった作品は、もう元に戻らないと、言われました。

でも、そのまま作品を捨ててしまうのはしのびなかったので、
ダメ元で、ドライフラワー用のシリカゲルに埋めてみました。

すると、劇的にいい変化があったというわけです。

そのままシリカゲルに埋めてしまうと、シリカゲルの細かい粒子を
完全に取り除くことができません。

通気性のよい布などに包むことをお勧めします。

そして、湿気を吸ってしまう前に、
保管場所の湿気対策をするように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA