これさえおさえれば、あなたの写真は変わる!3つの構図

ハンドメイドにとっての写真の重要性

ハンドメイド作品にとって
写真はとても重要です。

写真が綺麗でなければ、
生徒さまはつくりたいと思わないし

写真が心にグッとこなければ、
作品は販売につながりません。

生徒さま、お客さまは本当に正直なんです。

ハンドメイドが趣味の人だって
つくった作品を綺麗に写真に撮って
みんなに自慢したいですよね。

 

そんなハンドメイド好きさんのために
ワンランク上の写真が撮れるポイントを
お伝えいたします。

これさえ、おさえておけばあなたの写真が変わる!

あなたは、写真を撮影する時に
構図を考えて撮影していますか?

構図なんて、カメラマンじゃないし、
スマホで撮るんだから、関係ないよ~

なんて、思っていませんか?

そんなことないんですよ。

ちょっとしたことを意識するだけで
あなたの写真は、グッと変わるんですよ。

 

 

これだけは覚えておこう!3つの構図

素敵な写真にはそれなりの理由がある

代表的な構図について、ご紹介いたします。

日の丸構図

私も知らず知らずのうちにやっていましたが、
真ん中に作品がくる写真です。

圧倒的に作品がひき立つ構図

販売品の写真など、作品をよく見せたい時には
おすすめの構図です。

3分割構図

おしゃれに見せたい時に使うとよい構図です。

写真の縦横それぞれを3分割して
その交点メインとなる被写体を配置する構図

私のInstagramは、
3分割構図で撮影して空いた空間に
クレジットを入れるというパターンが多いです。

 

➂真不完全構図

 

「俯瞰」は物理的に
高いところから見渡すこと」という意味の他に
考え方のたとえとしても使われます。

「広い視野でものごとを見る」
「大局的な視野に立つ」
「客観的に全体像をとらえる」
という
意味でも使われます。

私も知らないうちにやってました!
「真俯瞰構図」

全部を見せたい時はベストな構図です。

プラスアルファの構図

他にも、簡単におしゃれな写真が撮れる方法があるんですよ。

たくさんの作品を並べて、
華やかな写真をとることができます。

また、丸く余白をとって、被写体を配置すると
すっきりした印象の写真を撮ることができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちょっと意識して被写体を配置するだけで
見る人の心をとらえる写真を撮影することができます。

どうせ、写真を撮影するなら、
見る人がグッとくる写真を目指しましょう。

きっと、いいねの数が増えますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA