初心者さん必見!失敗しないシリコンモールド作品の作り方

キラキラ透明感たっぷりのレジュフラワー

透明感たっぷりの水中花のような作品や可愛いゼリーのような作品

 

レジン作品の中でも人気ですよね。

これらの作品は、シリコンモールドという型を使います。

最近は、100円ショップでも手に入るシリコンモールド。

 

シリコンモールドの中にレジン液と封入したいものを入れて、UVライトで硬化すれは、どなたでも手軽にモールド作品をつくることができます。

でも、それだけでは、表面の美しいキラキラのモールド作品を上手につくることはできません。

 

クオリティーの高いシリコンモールド作品をつくるための、失敗しないポイントをまとまておきます。

 

手順1.デザイン

まずは、デザインを決めましょう。

実際にモールド作品の中に入れるものを、モールドの中に入れてみましょう。
ただし、入れてみるのはお花やパーツだけです。
ラメやシェルなどは、間違ってもまだ入れないでくださいね

大きすぎるお花などは、長さをカットします。
色のバランスや配置を考えましょう。

配置は、完成した時の反対向きに入れていきます。
左右、上下逆ですよ。注意してくださいね。

 

向きがわからなくなった時は、シリコンモールドの下からのぞいてみてくださいね。

そして、入れすぎ要注意です!
シリコンモールド作品は、透明な部分に光が当たるとキラキラ輝くから、綺麗に見えるんです。
ちょっと少なめかなぁくらいがちょうどいいですよ。

また、お花の種類によっては、レジン液を含むと大きくなるものがあります。ドライフラワーは特にその傾向があるので気をつけてください。

デザインが決まったら、一度中に入れるものを取り出します。
場所を覚えておくのが不安という方は、念のために写真を撮っておきましょう。

 

手順2.レジン液を入れる前に

シリコンモールドのお掃除をしましょう。
シリコンモールド型の底が、完成したシリコンモールド作品の表面になります。
つまり、顔ということです!だから、入念にお掃除しましょう。

たとえ新品のモールドであっても、ほこりがついていることがあるので、必ずしてくださいね。

アルコールをティッシュペーパーにふくませて、拭いたり、

マスキングテープの粘着面で汚れを取ります。

しつこいラメ等の汚れは、ガムテープを使用すると便利です。

 

手順3.レジン液を入れる

さあ、いよいよUVレジン液をシリコンモールド型に入れます。

直接レジン液のボトルから方に流し入れます。

量は、型の内側全体薄くいきわたるくらいを入れます。
一度に型の上まで、決してレジン液を入れないでください。

何層にも分けて硬化していくことが、モールド作品を綺麗に作るコツです。

ボトルからレジン液を入れる時は、気泡ができないように気を付けます。

レジン液を出す時は、UVレジン液のボトルを押して、できるだけ流したい量を一点めがけて、一度にゆっくりと出すようにしましょう。

勢いよくぐるぐる回しながら入れると、気泡ができやすくなります。

また、UVレジン液の残りが少なくなったからといって、ボトルを上下に振らないでくだささい。
振ると、それも気泡ができやすくなる原因です。

残りが少なくなった時は、ボトルをさかさまに向けておくと、出しやすくなります。その際、漏れなどがある可能性があるので、下に受け皿を置くなどしておきましょう。

手順3.全体にいきわたらせる

レジン液を型に流れたら、シリコンモールド型を傾けて、全体にレジン液がいきわたるように広げてます。

シリコンモールド型の形状が複雑で、型を傾けただけではレジン液がいきわたらない場合は、楊枝や筆を使って細かい部分までレジン液をいきわたらせます。

楊枝を使用する場合は、レジン液の表面をそおっと流す感じで広げます。勢いよく楊枝を動かすと細かい気泡ができる原因になります。

 

手順4.敵は気泡

型全体にレジン液が広がったら、気泡を取り除きましょう。

気泡は、潰すか、掬い取るか、どちらかの方法で取り除きます。
粘度の高いレジン液の場合、気泡を潰すのは難しいのですくい取るほうがいいでしょう。

楊枝などで気泡を端まで移動して、すくい取るとわりと簡単に取れますよ。

1層目に気泡があると、完成後、”作品の表面に穴がある”なんてことになりかねません。

ここは入念に気泡を取り除きましょう!

シリコンモールド型全体にレジン液が広がりましたか?
気泡はありませんか?

確認が終わったら、一度硬化します。(仮硬化30秒)

こうすることで、一番手前に薄い表面ができるので、完成後、表面が綺麗に、レジンの1層目、2層目などのつなぎ目がわかりにくくなります。

手順5.再び気泡との闘い

再び、レジン液をシリコンモールド型にレジン液を入れて、全体にいきわたらせます。

そして、気泡を取り除きます。

ここで、中に封入したいメインとなるパーツお花を入れます。
配置は、手順1で考えたデザインを参考にします。

空気をたくさん含んでいるお花は、そのままレジン液の中に入れると気泡がブクブク出てくるので、先にレジン液を十分に含ませておきましょう。

入れたお花やパーツは、しっかりレジン液に沈めます

浮きがあると、””型から抜いたら気泡ができていた””なんてことになってしまうんですよ。

気泡がないか、お花やパーツがしっかりレジン液に沈んでいるか、確認したら、仮硬化します。

 

手順6.層を重ねる

次の層を作ります。レジン液を入れて、全体にいきわたらせます。

気泡を取り除いたら、わき役となるパーツをレジン液に入れます。私は、パールや箔などをこの段階で入れています。

仮硬化します。

 

手順7.キラキラ背景をつくる

次の層では、ラメで背景をつくります。

型にレジン液を入れて広げたら、気泡を取り除きます。

ここに少しだけラメを混ぜると、光が当たった時にキラキラ輝く作品になります。

これは、好みもあるので、ラメがお好きでない方はスルーしてください。

私は、オーロラのラメを入れることが多いです。

仮硬化します。

 

手順8.最後の1層

最後に1層、何も入れない層をつくります。

レジン液を型の淵と同じか少し高いか位まで入れます。
レジン液は硬化すると縮むので、少し多めを心がけてください。

レジン液を平らにできたら、本硬化します。

一見、しっかり硬化できたようでも、指紋が付くと台無しになってしまいます。
本硬化はじゅうぶんに時間をかけて6分することをおすすめします。

 

手順9.ひっくり返してもう2分

本硬化が終わったら、シリコンモールド型をひっくり返して、さらにそのまま2分硬化します。

お花やパーツは紫外線を通さないので、表側に紫外線が当たりにくくなります。

だから、型を裏返して2分ぐらい、硬化させましょう。

 

手順10.型から抜く時の注意事項

両面からの硬化が終わったら、UVライトから作品を取り出し、熱を冷まします

熱が冷めにうちに型から抜いてしまうと、シリコンモールド型の劣化につながるので要注意です!

 

さあ、じゅうぶんに冷めたら、いよいよ型から外しましょう。

可愛いピンクのお花のクリアハートの完成です。

つやつやキラキラな仕上がりですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

簡単そうにみえて、綺麗なシリコンモールド作品をつくるにはコツがあるんです。

さあ、あなたも、まるで水中花のようなクリア感いっぱいのシリコンモールド作品をつくってみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA