知らなきゃ損!指輪ははめる位置を変えるだけで思いが叶う

一口に指輪といっても、いろいろな種類の指輪があります。

薬指にするのは、大事な人からもらった指輪
その代表が結婚指輪や婚約指輪ですね。

小ぶりなピンキーリングは、華奢で可愛いデザインのものが多いですね。

大振りな飾りのリングを、人差し指や中指にすると
指が細く、手が綺麗に見えたりします。

 

どの指にどんな指輪をするか

それは、ファッションの一部として指輪をとらえるのであれば、デザインやトータルファッションで選ぶでしょう。

でも、ちょっと違う観点から指輪選びをしてみませんか?

指によって異なる指輪の意味

どの指に指輪をはめるか

その意味を知っていれば、

指輪をはめるだけで思いが叶ったり、
気持ちを強く持てたり、
安心を手に入れたいすることができます。

 

 

右手にはめる指輪の意味

親指

一番太く、肝心要の指である親指は、「指導者としての成功」を意味します。
・リーダーとしての風格を身にまとう
・指導者になり、力を発揮する
・困難を乗り越える

人差し指

一番器用な人差し指は、「集中力」を高める指
・周囲に認められ、周囲を動かしたい、導きたい
・夢を実現にする
・集中力、行動力の向上
・周囲に対するコミュニケーション力、積極性の向上

 

中指

・邪気をはらう
‣ひらめきの向上
・霊感や直感力を高める
・思い通りに行動したい
・結果を出したい
・金運アップ
・恋人募集中

薬指

「心の平静」を意味します。
・創造性やインスピレーションの向上
・精神の安定
・感性を高める

小指

・自己アピールができる
・好感度があがる
・事故の防止になる
・秘密を守る
・自分の身を守る

左手にはめる指輪の意味

親指
左手の親指には「権力や権威」を意味し,
信念を貫き目的をハッキリと見定め望みを叶える
といった意味があります。
・意思を貫く
・影の支持者を集める
・信念をもって進む
・難関の突破
・自信を持つ
人差し指

ちょっと内向的な人やネガティブな人が精神的に強くなりたい時、前向きでありたいという意味があり、「勇気」の指と言われます。
・積極性の向上
・精神的に前向きになる

中指

人間関係改善といった「協調性」を高めることに特化しています。
・直観力やひらめきの助けになる
・インスピレーションが沸く
・人間関係が円滑にいく
・ひらめきの向上
・協調性がでる

薬指

結婚を意味し、愛の絆を深める。恋愛運の向上といった意味がある「愛」の指です。
・男女の愛の証
・恋人への愛を誓う
・もっと絆を強める
・より一層愛を深める
・片思いの成就のため
・婚約・結婚している証

 

小指

願いを叶えるこの指は「変化とチャンス」といった意味があります。
・変化とチャンス
・片思いの人がいる、恋人との仲を大切にしたい
・願いの成就

いかがでしたか?

なにげなくはめている指輪も、はめる指によって意味合いが違ってきます。

大事なプレゼンがある日は、右手の人差し指に指輪をはめて出かけてはいかが?

ちょっと気分が乗らない日は、左手の人差し指に指輪をはめて出かければ、積極的に行動できるかもしれませんよ。

私も作品のアイディアがほしい日は、左手の中指に指輪をはめて、インスピレーションが下りてくるのを待とうかな。

 

 

レジュフラワーワークショップのお知らせ

 

【参加者募集】

 日時      3月27日(水) 19:00〜21:00

 定員      8名さま(残若干名)

 参加費   3,500円

 場所      Lving+

03-4405-4969

お申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA