より線とデザインバチカンのつくり方を学ぶ〜ベーシックコース第4回レッスンレポート

いくつになっても輝きたい 大人の女性に
可愛いを発信するハンドメイド教室


子供から自分が主役に!

お花と天然石で あなたの可愛いをオートクチュール

レジンアクセサリーアーティスト
クリスタルワイヤージュエリーデザイナー

atelier Annabelle(アトリエアナベル)
ほうじょう くにえです。

今日は、WJDA認定デザイナーベーシックコース
4回目のレッスンの様子ご紹介いたします。

ベーシックコースでは
1〜4回目までのレッスンでは磨かれた石を、
5〜7回目では原石を使ったジュエリーをおつくりいただきます。

今回、テーマとなる石は「シトリン」

これまで学んだ3点留めの技法をさらに進化させた応用編です。

より線の使い方とおしゃれなバチカンのつくり方を学んでいただきます。

3点留めも、より線を使うだけで
グッとエレガントな雰囲気になるんですよね〜

より線は、2本のワイヤーをよってつくります。

もちろん手でよってもいいんですが、
ある程度長さが必要な時は、
「より線ツール」という道具を使うと便利です。

はじめてのより線ツール体験です。
手でよるよりも、ずっと綺麗に素早くより線がつくれることに
Aさんもびっくり、感動していただきました。

より線1本と2本の24号ワイヤーを土台に
ジュエリーの土台枠をつくっていきます。

より線を使用する時は、一度ワイヤーを巻いてしまうと
巻いたワイヤーを動かせなくなるので
ワイヤーを巻く位置に要注意です。

バチカンは、♾(無限)マークのようなデザインの
インフィニティバチカンのつくり方を学んでいただきます。

バチカンて、ワイヤージュエリーのデザインを大きく左右します。
ちょっとカタチが違うだけなのに
ジュエリーの全体のデザイン性がグッと上がるんですよ。

しっかりとシトリンをワイヤーラッピングできたら
天然石ビーズとワイヤーワークで
自分の世界観を表現していただきます。

お2人の感性が光る2つのジュエリーが完成しました。

天然石ビーズの選び方、ワイヤーな遊び方でこんなにも違う雰囲気に

お2人の生徒さまは、互いに完成した作品を見せ合いっこ

制作中は、自分の世界に入り込んでいるので
案外隣りの生徒さまがつくっている作品は
目に入らないものなんですよね。

こんな色のビーズを選ぶのもいい…

ワイヤーの遊び方が新鮮…

これがまた、楽しい時間なんですよね〜

お2人それぞれの個性が、
とてもよく表れている2つのジュエリーです。

明るく太陽のように煌めくシトリンは、
こころの中のもやもやをスッキリさせてくれるパワーを秘めた石です。

シトリンのジュエリーが、今年やりたいことを
やり残さない手伝いをきっと、してくれることでしょう。

よかったらシェアしてね!